※ADV:2,000円(入場時別途1DRINK 500円が必要です。)

世界一のDJを決める大会、DMC CHAMPIONSHIPS。2017/5/28に東海予選開催!

世界最大のDJコンペティションDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 。A-TrakやDJ CRAZE、近年ではHudson MohawkeやCashmere Catなど世界を舞台に活躍する才能を数多く輩出している。日本でもシーン黎明期の1990年から大会が開催され、幾人ものワールドチャンピオンを生み出してきた。昨年は現役大学生でもある DJ YUTO が世界一のタイトルを獲得。シングル部門ではDJ KENTARO、DJ IZOHに次ぐ偉大な快挙に日本中が沸いた。その若い才能を追随するべく、今年も日本全国での予選を勝ち抜いたターンテーブリストたちが8月のJAPAN FINALで相見える。また映像審査にて選出されたターンテーブリストたちが1対1でスキルを競うバトル部門も大きな盛り上がりをみせるだろう。さらに2017年度のDMC JAPANは2010年まで歩みを共にしてきたTechnicsの全面協力で開催。ブランド消滅から万人の想いを込めた復活の物語を経て、再びDMCと邂逅する。世界基準のターンテーブルを創造してきたTechnicsと共に、日本一の称号と世界大会への挑戦権を賭けた戦いが今年もはじまる。

DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2016 でのDJ YUTO

SPECIAL GUEST DJ & JUDGE

以下、東海予選での豪華ゲストおよびジャッジのご紹介です。

DJ IZOH (2012 DMC WORLD CHAMPION)

2012 DMC World Champion
1996年にTVで観たバトルDJ特集に衝撃を受け、DJを志す。
2000年に初のDMC予選に出場。その後、数々のバトルに出場しスキルを磨く。
Real Hip Hopにこだわりボディトリックやワードプレイを織り込むパフォーマンスでIZOHワールドを形成していく。
2005年にはDMCのシングル部門で日本チャンプに輝き、世界大会でも観客一番の声援を得て堂々の3位にランクする。
2007年には、アメリカで行われたWMC DJ SPIN-OFFにて世界チャンピオンとなる。
2009年からはラッパー、TARO SOULのBack DJとして活動。
2011年、再びDMCに挑戦。日本予選を圧倒的なパフォーマンスで通過、世界大会で2位を奪取した。
2012年からTARO SOULと新たに『SUPER SONICS』という名のヒップホップ・ユニットを結成。
同年、最後の挑戦と決めRunner UpでWorld Finalへ。数々の強敵を圧倒、遂にDMC World Championとなる。
帰国後、地上波含めたTV・雑誌・Web等のメディア、全国のイベントに多数出演。
日本No. 1ストリートRapper、ANARCHYと「60 Minutes of ANARCHY Mixed by DJ IZOH」をリリース。
2013年にはNY開催のDMC US Finalsには初の外国人ゲストとして登場、他にもアジア等の海外ツアーを敢行。
2014年、SUPER SONICS「SCRATCH YOUR WORLD」をリリース、全国のイベント、フェス等に多数出演。
2016年、ANARCHYのパンチラインをMixしたAWA MusicのCM楽曲を制作、話題となる。

Dj Izoh (威蔵) Facebookpage

ロベルト吉野

荒れ狂ってるよメタル。兎にも角にもメタル…。あ?あ、腹は括った。まあ呑もうぜ、ロベルト吉野!
もはや誰にもコイツを止めれやしない。ハイパー全開猟奇系暴走マシーンa.k.a.DAVE’93。天界のランディーも思わず瞠目、特上R指定ギグの幕開け。ブース上ターンテーブルは、さながら血塗られた処刑台のムード。鋭利なリフを残虐に切り刻め!ヤツはマジなんだ。腐敗した肉片が容赦なく聴衆に降り注ぐ。逃げ惑う女子供達。砂漠っていいね。なれの果てってもんさ。ウィスキーお代わり。
体育座りで全力謝罪をキメるオレら。しゃらくせえし歌おうぜ。HOME SWEET HOME…。

サイプレス上野とロベルト吉野 公式サイト

GUEST JUDGE

OTAIRECORD ようすけ管理人

2000年6月にOTAIRECORDを立ち上げ、レコードやDJ機材の販売を行っている。2016年OTAIAUDIOの運営も兼任。イベント活動にも力を入れており「DMC JAPAN」スーパーバイザー、ビートグランプリオーガナイザーでもある。2016年OTAIRECORD MUSIC SCHOOLを開設。

OTAIRECORD

OTAIAUDIO

OTAIRECORD MUSIC SCHOOL

ina takayuki

日本/名古屋在住の芸術家/作家。
音楽家との交流が深く、ロンドンにて活躍した現代音楽家YUMI+HUGH HOPPER(ex. SOFT MACHINE)、B.I.G JOE(Mic Jack Production)、DJユニットKIREEK、音楽家の宮内優里、DJ SEIJI(SPC)、Campanella、DJ FUMMY、Itto、Sweet William、MEXMANなどに作品を提供している。
過去の企業コラボレート:Technics / beats by Dre.dre / PRIVILEGE / Vestax / DENON DJなど。
その他の制作:”DMC JAPAN CHAMPIONSHIP”2009/2013/2014/2015メインアートワーク、音楽フェス”OUR FAVORITE THINGS”
2013/2014/2015のグッズアートワーク、音楽フェス”りんご音楽祭” 2016のメインアートワーク

ina takayuki 公式サイト

GUEST DJ

MURAKAMIGO

89年よりクラブシーンを長年支え続けてきたそのスキルは、到底生半可な持久力ではない。人並みはずれた粋の圧巻DJプレイは、垣根うんぬんを越えたすべてのパーティーミュージックを巧みに操る。どんなフロアをも確実にカンプなきまでに完全にロックしてしまう彼についた異名は誰もが頷く ”フロアのネ申”。
名古屋からスタートしたDJキャリア。現在では地元は勿論、東京、大阪、京都、福岡でレギュラーパーティーを掲げるように。その他全国各地年間200本以上にも渡る超多忙な現場スケジュールをこなす。
2011年には自身のDJ活動20周年を迎え、ダンスミュージックに特化したプロデュース・ユニット「Jumping Dog(ジャンピング・ドック)」を結成(共に地元名古屋出身のミュージシャン、稲吉拓哉とELMER VoVoの3人組)。
以降、活躍の場はメジャーフィールドへとステージを上がり、DJ MURAKAMIGOとしてのMIXCDタイトルリリース、Jumping Dogとしての楽曲リリースで多忙なアーティスト活動を送る。
全国のパーティーでオファーが殺到するDJ ムラカミーゴ。なぜ?彼が「フロアの神」と呼ばれるのか!?それは、体感した人のみぞ知る!

MURAKAMIGO 公式サイト

HOST MC

MAD-EAR

生まれも育ちも愛知県一宮市のRAPPER。
地元一宮を拠点に各地方で活動しており、カテゴリーにこだわる事なく数多くのイベントに出演中。
又、地元ローカルラジオ番組のパーソナリティーの経験もあり、その他イベントのMCも務めるなど幅広い活動を行っている。
過去に二枚のデモ音源「MAD DEMON」、「138BOYZ」を無料配布し好評を得る。
2016年春には、自身初のアルバム「MAN OF THE “EAR“」をリリース。
同年には、DMC JAPAN東海予選のHOST MCも務めた。
今後の活動に期待の89年式。

MAD EAR Instagram

イベント詳細情報

イベント名 DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 東海予選
日付 2017/5/28 SUN
時間 OPEN: 16:00
チケット ADV:2,000円
DOOR:2,500円
※入場時別途1DRINK 500円が必要です。
場所 club LOVER:z
名古屋市中区東桜2-22-22 曙ビル地下1階
TEL:052-932-0226
ご注意 ・イベントの内容等は予告なく変更することがございます。

DMC JAPAN 地方予選へのエントリー募集しております。

詳細は公式サイトをご覧ください。