【爆安特価&特典爆盛りセール中!】DENON DJ「PRIME GO」徹底解剖【第一章~魅力全紹介編~】

DENON DJのPRIME GOを二部構成にわたってトコトン解説!

OTAIRECORDミノルです!
ここまで唯一無二なDJ機材は過去見たことが無い!特長が盛り沢山なDJコントローラー、DENON DJのPRIME GO!
オタレコブログにて第一章・第二章の二部構成でPRIME GOの魅力を200%存分にご紹介していきたいと思います!!


> まずはPRIME GOの注文ページでお得過ぎる特典内容を見る方はコチラ

 

初めての方にお伝えする、PRIME GOの注目すべき5つのポイント

【1】パソコン不要!楽曲はUSBフラッシュメモリー、またはSDカードが使用可能!

PRIME GOは主にUSBフラッシュメモリー、またはSDカードに保存したMP3などの楽曲データを読み込んで再生します。対応ファイルは幅広く、MP3/M4A/AAC/WAV/AIFF/FLAC/ALACに対応。
ENGINE PRIMEという楽曲管理ソフトが無料でダウンロードできますので、このソフト上で解析をかけて、BPMやKEYなどの情報をデータに埋め込みます。そしてそのデータをUSBメモリやSDカードに保存し、PRIME GOで読み込むことで中央の大きな画面で情報を表示して選曲することが出来ます。

注目すべきはその音質!
24bit/48kHzに対応し、出力端子はMASTER OUTにXLR端子とRCA端子の2種を用意し、STEREO/MONOの切り替えスイッチも搭載しています。BOOTH OUTもTRSバランス出力を搭載しており、本格的な現場レベルの音響システムにもしっかり対応します。

これまでコンパクトなDJ機器は簡易的なものが多かったですが、PRIME GOは妥協一切無しの完全に“ガチ”なDJ機材です。フェーダー、ボタン、つまみなど細部に至るまでDENON DJらしく精巧に作られています。実機に触れた瞬間わかります、本当に。

 

【2】コンパクトなサイズ

PRIME GOはとてもコンパクト。だからリュックやバッグにもサッと入れて持ち運ぶことが出来ます。

最近ではキャンプ、BBQなど屋外でDJをされたいという方や、バーなどの飲食店でもDJブースを用意してちょっとしたイベントを開催したいという方が多く見えます。
そんなとき、アナログターンテーブル2台とDJミキサーと・・・となると、かなりのスペースが必要になるだけでなく配線なども煩雑に。

PRIME GOならまさにこれ1台。
極限まで省スペースでDJを提供できる唯一無二のDJコントローラーなのです。

【POINT!】持ち運びに便利なアイテムも取り揃えております!
> PRIME GOがぴったり入るセミハードケースのご紹介はコチラ
> PRIME GOが入るDJ向けおすすめバックパックのご紹介はコチラ※上記セミハードケースごと入れることは出来ません

 

【3】なんとバッテリー内蔵!無電源で使用可能!

PRIME GOはリチウムイオン電池内蔵なので充電すると無電源で最大約4時間の連続使用が可能!

最近はスマホ普及によってバッテリー内蔵のBluetoothスピーカーがたくさんありますよね。最近ではかなり音量の出る大型のスピーカーも存在します。

AUX入力(外部入力端子)のあるスピーカーとケーブルで接続すれば完全に無電源のパーティーが可能!(※Bluetooth接続は出来ません)
海!BBQ!音楽!なんて最高なシチュエ―ションでのDJもPRIME GOなら実現可能です。

もちろん電源を取りながらの使用も可能ですよ!

【POINT!】Bluetoothスピーカーも多数取り揃えております!
> ワイヤレススピーカーカテゴリはコチラ
※Bluetooth専用スピーカーではPRIME GOはご使用いただけません。3.5mm入力端子搭載など、有線接続が出来る機種をお選びください。

 

【4】美しすぎる7インチタッチディスプレイ!

PRIME GOの中央上部に位置するディスプレイはタッチディスプレイとなっており、スマホのように操作が可能。その画面表示の美しさはハメコミ合成かと思うほどの美しさ!

大体こういう機器のタッチディスプレイの精度ってあまり信用できないですが、PRIME GOは本当にすごいです。
波形もヌルヌル動いて全くストレスを感じません。

各種設定変更もディスプレイで視認性良く行うことができるほか、キーボードを表示させての楽曲検索も可能。

パソコンが無いと楽曲検索とかってしにくいイメージがありますが、PRIME GOならサクサク探せます。

 

【5】インターネットに繋いで楽曲をストリーミング使用可能!

PRIME GOはWi-Fiや有線LANでインターネットに接続することができ、あらゆるストリーミングサービスから楽曲をダウンロードして使用することが出来ます

現在対応しているストリーミングサービスは“Beatport LINK、Beatsource LINK、SoundCloud GO +、TIDAL(※2021/7現在)”
さらにDropboxに保存した楽曲データを読み込んで再生することも可能!!

対応しているサービスはどれも世界規模ではとても大きなサービスなのですが、日本ではまだ馴染みが浅く、音楽ファンに期待をされているTIDALに関しては現在日本向けにはサービスを開始しておらず、(契約する方法はあるのですが)表向きには契約することが出来ません。今後に期待ですね!

 

以上、PRIME GOの注目すべき5つのポイントをご紹介しました。

どうでしょうかこの唯一無二感。どこでもDJ出来てしまうので、イメージが膨らみますよね!

さて、第一章と称したこちらの記事ですが、初めてDJ機材を購入検討されている方も多いので、大きなポイントのみご紹介させていただきました。
続いて第二章では“すでにDJされている方”に対してPRIME GOの魅力を存分に語らせていただきます。

すでにDJをされている方は、Seratoユーザー、rekordboxユーザー、TRAKTORユーザーなどいろんな方が見えると思います。
断言します。どんなDJにもPRIME GOはバッチリハマってしまうんです。恐ろしいほどに。

ちなみに私OTAIRECORDミノルは普段Serato DJ Proを使用し、アナログターンテーブルを使用してDVSでプレイしています。

そんな私にもドンピシャなのです・・・。
第二章ではSeratoユーザー、rekordboxユーザー、TRAKTORユーザーどんな方も“マジか!!”と叫んでしまうほど素晴らしいPRIME GOの深スギル魅力に迫ります。

 

★オタレコ最安宣言!
只今税込128,000円→99,800円への超大幅値下げ中!さらに特典爆盛り!!

2021年8月31日まで税込み128,000円のPRIME GOが、なんと税込み99,800円!
さらにOTAIRECORDなら専用セミハードケース、大容量USBフラッシュメモリに加え、お好みで選べる特典も全部無料でプレゼント中!

特典によっては数に限りがございますのでお急ぎください!!!!

▼商品詳細ページへは↓の画像をクリック!

 

 

▼こちらも是非お読みください。

【むしろSeratoユーザーにオススメ!】DENON DJ「PRIME GO」徹底解剖【第二章~オタレコ店長購入しました編~】